説明会日程はこちら
 

教育

education

01 指導方針

稲毛多喜先生の言葉を
道標にした指導方針
「骨惜しみなく陰日向なく働くことを愉しめ」―創立者である稲毛多喜先生の言葉です。この中の「働く」を「学ぶ」と読み替えれば、それはそのまま大学進学を目指す生徒の多い現代の桜丘生の道標となります。「働く」ことも「学ぶ」ことも、「骨惜しみなく陰日向なく」「愉しむ」ことが自身の成長への近道。あらゆることに興味や好奇心を持って臨むこと、勇気をもって一歩踏み出すことを念頭に置いて指導しています。
  •  
  •  
  •  

教育内容 教育目標

”自立した個人の育成”

桜丘では「自立した個人の育成」を教育の目標としています。単に進学・就職することを目指すのではなく、社会で活躍できる深い教養を持ち、英語・情報の活用といったコミュニケーション能力に優れた人材を育てます。

勤労と創造の具現化
  • 勤労と創造の具現化01
  • 勤労と創造の具現化02
  • 勤労と創造の具現化03

4コース

桜丘高校では、2021年から目指す進路や将来の姿に合わせた4コース制に。
コースごとに、生徒たちが3年間で成長できる特色あるプログラムを展開しています。

02 進学教育

生徒の自発的な学習を
サポートする教育体制
総合型選抜、学校推薦型選抜、一般選抜など多様化する大学入試。一般選抜で行われる学力試験には日々の授業および季節講習が対応し、総合型選抜や学校推薦型選抜で行われる小論文や面接の試験にはそれぞれ課外プログラムを用意しています。また、日々の家庭学習計画の立案と振り返りができるツールとして「SSノート」を、集中して学習に打ち込める環境として「自習室」「URC」を提供し、生徒の自発的な学習を支援しています。
  •  
  •  
  •  

進学教育を
支える取り組み

 

01

PDCAサイクルを用いた自身の成長を客観的に評価できるスケジュール帳

icon

SSノート

SSノート

SSノート

学習におけるPDCAをスパイラルに繰り返します。Plan(目標):前月の繰り返しから改善点を考え計画します。定期考査や部活の大会など先の行事を予測しながら目標を言語化します。Do(実行):当日の目標をもとに、その日の計画を立てます。そして、計画の達成度を確認し翌日の計画に修正を加えます。Check(評価):月終わりに実際の教科ごとの取り組み状態などをチェックし、目標到達度を確認します。Action(改善):振り返り、当月の目標から出てきた改善点をもとに新たに目標を立て行動します。

 

02

教員と生徒が一丸となり、多様な入試に挑む

icon

教育マルチサポート

教育マルチサポート

教育マルチサポート

桜丘では近年の大学入試方法の多様化に伴い、推薦入試の個別指導体制を展開しています。管理職含め教職員全員が高3生に対して一人ひとりに十分な書類添削や面接、ディスカッション対策など丁寧に個別指導し、推薦入試での高い合格率を誇ります。対面やICTを活用して何度もやり取りをし、入試本番に備えます。教師と生徒の距離が近いアットホームな桜丘ならではの指導です。生徒が担当教員に笑顔で合格報告をする瞬間がとても幸せです。

 

03

自分に合った学習施設を選択できる

icon

自習室&教え合い学習室

学部学科説明会

学部学科説明会

桜丘では、塾に通わずに大学受験を突破していく生徒がほとんどです。自習室は希望の進路に向かって自分の課題を考え、学習に集中できる心強い場所です。部活の後に使用するという生徒も多くいます。
教えあい学習室は「人に教えることで学習の定着率が高くなる。」という考えのもとに、生徒同士で教え合う環境です。試験前には友達に解説をしながら自分の結果へとつなげていきます。

 

04

先生とは違った視点で指導してくれる頼れるサポーター

icon

URC&TUTOR

TUTOR

TUTOR

TUTORは全員が卒業生で、東京大学を始め難関大学に通う現役の大学生です。受験生の悩みを理解してくれる、皆さんと年齢の近いお兄さん・お姉さんなので、先生とは違った視点から全力でサポートしてくれます。理系・文系・国立・私立それぞれのTUTORがいるので、きめ細やかに皆さんの相談に応じられます。勉強に関する質問だけでなく、進路や学校生活の事でも、自身の経験を通じ指導してくれます。また、在校生の声を聞いて、学習・進路について様々な企画を実施しています。

 

05

桜丘に有名大学が集結!

icon

大学合同説明会

大学合同説明会

大学合同説明会

桜丘に様々な国公立大学・私立大学が集まり、本校の生徒のために説明会を開催します。高校1年生には学問系統ごとの説明会が展開され、高校2・3年生になると大学ごとの説明会展開となり、早い段階から大学受験への意識と知識を高めていくことができます。今まで自分の選択肢になかった系統にも気軽に足を運ぶことができ、可能性が広がるきっかけにもなります。桜丘にいながら、オープンキャンパスに近い体験ができ、将来学びたい学部学科や行きたい大学を選ぶための絶好の機会となります。

 

06

志望校への熱い気持ちを論理的に整理できるようになる!

icon

志望理由書

志望理由書

志望理由書

ほとんどの生徒が志望理由書を書くのは初めてとなります。志望理由書の作成は大学に自分を知ってもらう最初の機会です。「何を書けばいいかわからない」と悩んでいる生徒に対しても自己分析から指導し、一緒に「どんな未来を創るヒトになりたい」のかを考え、指導していきます。また桜丘ではICT環境が整っているため、休校になった場合にも教員とやり取りが可能です。疑問点や悩み事があった時も対応可能です。桜丘は新しい入試に対して柔軟に対応し、生徒を徹底的にサポートします。

 

07

先生と向き合いながら、自分とも向き合う

icon

面接対策

面接対策

面接対策

自分の人間性や入学への意欲、高校までの頑張りなどを、どうすれば上手に伝えることができるのかを追求します。専門的な分野は該当の教科担当の教員のサポートを受け、本番を想定した面接練習を何回も行い、当日の試験で自分の力を最大限に発揮できるように指導を行います。昼休みや放課後の時間なども使い、学校内のいたるところで面接練習を実施しており、「桜丘全体で大学合格を勝ち取る」という熱気が伝わってきます。

 

08

自分の興味に合わせて選べる

icon

無料講習

講習

講習

夏期・冬期・春期の長期休暇中に実施します。受講料は無料です。学年やレベルに応じて毎年約80の講座を開講しています。通常の授業とは異なり、受験対策の問題演習に特化した講座や、英検取得を目標にした講座、文化史講座(日本史)や東南アジア史(世界史)のようにテーマ史ごとの講座など教科科目ごとに細分化されています。自分の得意や不得意に合わせた授業を選択し、オリジナルの時間割を作成することが可能となります。

03 カリキュラム

生徒の夢実現に向け、
充実した授業構成
4つのコースに在籍するそれぞれの生徒が進路を実現するために組まれたカリキュラム。それを基にした授業では、創立者である稲毛多喜先生の「考えよ 工夫せよ 進歩的に」という言葉の通り、生徒一人ひとりが「考え」「工夫」することを重視し、一人1台与えらえたiPadを駆使しながら「進歩的」な活動が行われています。そこで培われた柔軟な思考力は、時代の変化に揺らぐことのない普遍性を持つことでしょう。
  •  
  •  
  •  

桜丘高校の
カリキュラム

SUPER ACADEMICスーパーアカデミックコース[難関選抜]
教科 科目 1年生 2年生 3年生
文系 理系 国公立
文系
私立
文系
国公立
理系
私立
理系
国語 現代の国語 2 - - - - - -
言語文化 3 - - - - - -
論理国語 - 3 - 3 3 - -
現代文演習 - - 2 - - 2 -
古典探究 - 4 4 4 - -
古典演習 - - 2 - - 2 -
漢文 - - - - - - -
地理歴史 歴史総合 2 - - - - - -
世界史探究 - ▽5 - ▽7 ▽7 - -
日本史探究 - ▽5 - ▽7 ▽7 - -
地理総合 - 2 2 - - - -
地理演習 - - - ▼2 - ▼2 -
公民 政治・経済 - - - - - - -
公共 2 - - - - - -
公共演習 - - - ▼2 - ▼2 -
数学 数学Ⅰ 4 - - - - - -
数学Ⅱ - 4 5 - - - -
数学Ⅲ - - - - - ◯4 〇4
数学A 2 - - - - - -
数学B - 2 3 - - - -
数学C - - - 3 2 〇3 〇3
数学演習Ⅰ・A - - - - - - 2
数学演習Ⅱ・B・C - - - - - - 2
数学演習Ⅲ - - - - - 〇7 〇7
理科 科学と人間生活 - - - - - - - -
生物基礎 2 - - - - - - -
生物 - - △4 - - - - -
化学基礎 2 - - - - - - -
化学 - - 4 - - - - -
物理基礎 2 - - - - - - -
物理 - - △4 - - - - -
生物演習Ⅰ - - - - - △4 △4 △4
生物演習Ⅱ - - - - - - - ▲4
化学演習Ⅰ - - - - - 4 4 △4
化学演習Ⅱ - - - - - - - ▲4
物理演習Ⅰ - - - - - △4 △4 △4
物理演習Ⅱ - - - - - - - ▲4
生物基礎演習 - 1 - 1 - - - -
化学基礎演習 - 1 - 1 - - - -
保体 体育 2 2 2 3 3 3 3
保健 1 1 1 - - - -
芸術 音楽Ⅰ - - - ◇2 ◇2 ◇2 ◇2
美術Ⅰ - - - ◇2 ◇2 ◇2 ◇2
外国語 英語コミュニケーションⅠ 4 - - - - - -
英語コミュニケーションⅡ - 3 3 - - - -
英語コミュニケーションⅢ - - - 4 4 4 4
論理・表現Ⅰ 3 - - - - - -
論理・表現Ⅱ - 3 3 - - - - -
論理・表現Ⅲ - - - 3 3 3 3
リスニング - - - - - - -
英語会話 - - - - - - -
英語演習 - - - - 3 - -
情報 情報Ⅰ 2 - - - - - -
家庭 家庭基礎 - 2 2 - - - -
キャリア 多言語表現 - - - - - - -
総合演習 - - - - - - -
総合的な
探究の時間
総合的な探究 2 2 2 2 2 2 2
グローバル・イシューズ - - - - - - -
特別活動 LHR 1 1 1 1 1 1 1
総合単位数 36 36 36 36 32~34 36 32~34

※2022年より実施予定

(注)▽・▼・△・▲・〇・◇はそれぞれ同学年の同一記号のうちからいずれかを選択
(注)学校設定科目の修得単位は20単位までとする
(注)3年次の△,▽は2年次履修科目を継続で履修する

CLOSE
ACADEMICアカデミックコース[文理特進]
教科 科目 1年生 2年生 3年生
国公立
文系
私立
文系
国公立
理系
私立
理系
国公立
文系
私立
文系
国公立
理系
私立
理系
国語 現代の国語 2 - - - - - - - -
言語文化 3 - - - - - - - -
論理国語 - 3 3 2 - 3 3 2 -
現代文演習 - - - - ☆2 - - - -
古典探究 - 4 4 2 - 4 4 2 -
古典演習 - - - - - - - - -
漢文 - - #2 - - - - - -
地理歴史 歴史総合 2 - - - - - - - -
世界史探究 - ▽5 ▽5 - - ▽7 ▽7 - -
日本史探究 - ▽5 ▽5 - - ▽7 ▽7 - -
地理総合 - 2 2 2 2 - - - -
地理演習 - - - - - ▼2 - ▼2 -
公民 政治・経済 - - ▽5 - - - ▽7 - -
公共 2 - - - - - - - -
公共演習 - - - - - ▼2 - ▼2 -
数学 数学Ⅰ 4 - - - - - - - -
数学Ⅱ - 4 #4 5 5 - - - -
数学Ⅲ - - - - - - - 〇4 〇4
数学A 2 - - - - - - - -
数学B - 2 - 3 3 - 2 - -
数学C - - - - - 3 2 〇3 〇3
数学演習Ⅰ・A - - - - - - - - 2
数学演習Ⅱ・B・C - - - - - - - - 2
数学演習Ⅲ - - - - - - - 〇7 〇7
理科 科学と人間生活 - - - - - - - - -
生物基礎 2 - - - - - - - -
生物 - - - △4 △4 - - - -
化学基礎 2 - - - - - - - -
化学 - - - 4 4 - - - -
物理基礎 2 - - - - - - - -
物理 - - - △4 △4 - - - -
生物演習Ⅰ - - - - - - - △4 △4
生物演習Ⅱ - - - - - - - - ▲4
化学演習Ⅰ - - - - - - - 4 △4
化学演習Ⅱ - - - - - - - - ▲4
物理演習Ⅰ - - - - - - - △4 △4
物理演習Ⅱ - - - - - - - - ▲4
生物基礎演習 - 1 - - - 1 - - -
化学基礎演習 - 1 - - - 1 - - -
保体 体育 2 2 2 2 2 3 3 3 3
保健 1 1 1 1 1 - - - -
芸術 音楽Ⅰ - - - - - ◇2 ◇2 ◇2 ◇2
美術Ⅰ - - - - - ◇2 ◇2 ◇2 ◇2
外国語 英語コミュニケーションⅠ 3 - - - - - - - -
英語コミュニケーションⅡ - 3 3 3 3 - - - -
英語コミュニケーションⅢ - - - - - 4 5 4 4
論理・表現Ⅰ 3 - - - - - - - -
論理・表現Ⅱ - 3 3 3 3 - - - -
論理・表現Ⅲ - - - - - 3 3 3 3
リスニング 1 - - - - - - - -
英語会話 - - 2 - 2 - 2 - 2
英語演習 - - - - - - - - -
情報 情報Ⅰ 2 - - - - - - - -
家庭 家庭基礎 - 2 2 2 2 - - - -
キャリア 多言語表現 - - - - - - - - -
総合演習 - - #2 - ☆2 - - - -
総合的な
探究の時間
進路探究 1 2 - 2 2 - - - -
グローバル・イシューズ - - 2 - - - - - -
特別活動 LHR 1 1 1 1 1 1 1 1 1
総合単位数 35 36 34 36 36 34 30~34 34 32~34

※2022年より実施予定

 (注)▽・▼・△・▲・〇・◇・☆はそれぞれ同学年の同一記号のうちからいずれかを選択
 (注)2年私文:#は数学Ⅱ4または漢文2+総合演習2のどちらかを選択
 (注)学校設定科目の修得単位は20単位までとする
 (注)3年次の△,▽は2年次履修科目を継続で履修する

CLOSE
GLOBAL STUDIESグローバルスタディーズコース[グローバル探究]
教科 科目 1年生 2年生 3年生
国語 現代の国語 2 - -
言語文化 3 - -
論理国語 - 3 3
現代文演習 - - -
古典探究 - 4 4
古典演習 - - -
漢文 - 2 -
地理歴史 歴史総合 2 - -
世界史探究 - ▽5 ▽7
日本史探究 - ▽5 ▽7
地理総合 - 2 -
地理演習 - - -
公民 政治・経済 - ▽5 ▽7
公共 2 - -
公共演習 - - -
数学 数学Ⅰ 3 - -
数学Ⅱ - - -
数学Ⅲ - - -
数学A 2 - -
数学B - - -
数学C - - -
数学演習ⅠA - - -
数学演習ⅡBC - - -
数学演習Ⅲ - - -
理科 科学と人間生活 2 - -
生物基礎 - - -
生物 - - -
化学基礎 2 - -
化学 - - -
物理基礎 - - -
物理 - - -
生物演習 - - -
化学演習 - - -
物理演習 - - -
生物基礎演習 - - -
化学基礎演習 - - -
保体 体育 2 2 3
保健 1 1 -
芸術 音楽Ⅰ - - ◇2
美術Ⅰ - - ◇2
外国語 英語コミュニケーションⅠ 4 - -
英語コミュニケーションⅡ - 4 -
英語コミュニケーションⅢ - - 5
論理・表現Ⅰ 3 - -
論理・表現Ⅱ - 3 -
論理・表現Ⅲ - - 3
リスニング 1 - -
英語会話 - 2 2
英語演習 - - -
情報 情報Ⅰ 2 - -
家庭 家庭基礎 - 2 -
キャリア キャリア探究Ⅰ - - -
キャリア探究Ⅱ - - -
キャリア探究Ⅲ - - -
多言語表現 - 1 1
総合演習 - - -
総合的な
探究の時間
進路探究 - - -
グローバル・イシューズ 2 2 1
特別活動 LHR 1 1 1
総合単位数 34 34 32

※2022年より実施予定

 (注)▽・◇はそれぞれ同学年の同一記号のうちからいずれかを選択
 (注)学校設定科目の修得単位は20単位までとする
 (注)3年次の▽は2年次履修科目を継続で履修する。

CLOSE
CAREER DESIGNキャリアデザインコース[キャリア探究]
教科 科目 1年生 2年生 3年生
キャリア キャリア キャリア
国語 現代の国語 2 - -
言語文化 3 - -
論理国語 - 3 3
現代文演習 - - -
古典探究 - 4 4
古典演習 - - -
漢文 - 2 -
地理歴史 歴史総合 2 - -
世界史探究 - ▽5 ▽7
日本史探究 - ▽5 ▽7
地理総合 - 2 -
地理演習 - - -
公民 政治・経済 - ▽5 ▽7
公共 2 - -
公共演習 - - -
数学 数学Ⅰ 3 - -
数学Ⅱ - - -
数学Ⅲ - - -
数学A 2 - -
数学B - - -
数学C - - -
数学演習ⅠA - - -
数学演習ⅡBC - - -
数学演習Ⅲ - - -
理科 科学と人間生活 2 - -
生物基礎 - - -
生物 - - -
化学基礎 2 - -
化学 - - -
物理基礎 - - -
物理 - - -
生物演習 - - -
化学演習 - - -
物理演習 - - -
生物基礎演習 - - -
化学基礎演習 - - -
保体 体育 2 2 3
保健 1 1 -
芸術 音楽Ⅰ - - ◇2
美術Ⅰ - - ◇2
外国語 英語コミュニケーションⅠ 3 - -
英語コミュニケーションⅡ - 3 -
英語コミュニケーションⅢ - - 4
論理・表現Ⅰ 3 - -
論理・表現Ⅱ - 3 -
論理・表現Ⅲ - - 3
リスニング 1 - -
英語会話 - 2 2
英語演習 - - -
情報 情報Ⅰ 2 - -
家庭 家庭基礎 - 2 -
キャリア キャリア探究Ⅰ 1 - -
キャリア探究Ⅱ - 2 -
キャリア探究Ⅲ - - 2
多言語表現 - - -
総合演習 - - -
総合的な
探究の時間
進路探究 - - -
グローバル・イシューズ 2 2 1
特別活動 LHR 1 1 1
総合単位数 34 34 32

※2022年より実施予定

 (注)▽・◇はそれぞれ同学年の同一記号のうちからいずれかを選択
 (注)学校設定科目の修得単位は20単位までとする
 (注)3年次の▽は2年次履修科目を継続で履修する。

CLOSE

04 人間教育

あらゆる手段で
生徒の「自立」をサポート
「自立した個人の育成」という教育目標を達成することが、生徒一人ひとりの希望進路を叶えます。面談、SSノート、タブレット、URC・自習室。桜丘ではあらゆる手段を用いて生徒の「自立」をサポートします。ただ闇雲に勉強するのではなく、「何のために」「何を目標とし」「どうしたら愉しめるか」を考える。大学進学は「目的」ではなく、人生を充実したものにするための「手段」。このような発想で指導にあたっています。
  •  
  •  
  •  

人間教育を
支える取り組み

 

point

MC

bg-icon
MC

MCの1日の流れ
  • STEP1

    先生と1日の流れを確認しながら連絡事項を把握していきます。

    先生と1日の流れを確認しながら連絡事項を把握していきます。

  • STEP2

    先生が来る前に配布物を配布し全員を着席させます。

    先生が来る前に配布物を配布し全員を着席させます。

  • STEP3

    日の始まりを告げる号令を元気良くかけることが大切です。

    1日の始まりを告げる号令を元気良くかけることが大切です。

  • STEP4

    連絡事項が相手に伝わるように工夫し、大きな声で話します。

    連絡事項が相手に伝わるように工夫し、大きな声で話します。

  • STEP5

    各授業でもMCとしてクラス全体を把握しまとめていきます。

    各授業でもMCとしてクラス全体を把握しまとめていきます。

  • STEP6

    明日に向け、大切な連絡や今日の出来事などを学級日誌に記入します。

    明日に向け、大切な連絡や今日の出来事などを学級日誌に記入します。

 

point

プレゼンテーション

bg-icon
プレゼンテーション

表現力・スピーチ力をベースに、ICTスキル・論理的思考力・問題解決力を高め、プレゼンテーションに留まらずにディスカッションの力を身に付けます。
日常的にプレゼンテーションの機会を多く設けることで、アウトプットする力を高めていきます。自分の思いを上手く表現をし、相手に伝えることで可能性を広げ、推薦の割合が増えてきている近年の大学受験においても、良い結果を出すことが出来ています。
自分の気持ちがどうしたら伝わるかを考えていくことで同時に論理的思考の育成もしていきます。

 

point

主権者教育

bg-icon
主権者教育

18歳選挙権に伴って、桜丘生の政治的リテラシーや政治参加意識を育むために高校2年生で実施されています。模擬選挙などを行うことで、政治を自分事として考えていきます。

 

point

行事

bg-icon
行事

  • 4色対抗の体育祭

    4色対抗の体育祭

    中高合同行事です。全学年が4色に分かれて競技に参加するため、優勝を目指してクラスを超えて力を合わせます。各クラスおそろいのTシャツも注目です。

  • 華やかな桜華祭

    華やかな桜華祭

    桜丘の生徒が一丸となって盛り上がる最大のイベントが桜華祭です。どの学年も夏休み前から企画を練り上げて、模擬店や演劇、展示などの準備を進めます。

05 グローバル教育

世界とつながる
意識を持って
グローバル市民になる!
日本で暮らしていても毎日の生活は世界とつながっている、そんな意識を持つことがグローバル市民になる第一歩。今日の食卓の食べ物がどの国から来ているのか、何千キロも離れた場所で起こっている内戦が日本の物価にどんな影響があるのか、知ることが学びの始まりです。桜丘はユネスコスクール認定校。ユネスコ憲章(環境を守り、平和に共存できる世界)を実現させる学校の一つです。
  •  
  •  
  •  

グローバル教育を
支える取り組み

 

point

海外研修

bg-icon
海外研修

  • セブ英語研修(高校1年)

    セブ英語研修(高校1年)/希望者対象

    個人の英語力に合わせて毎日6時間の個人レッスンと2時間の集団レッスンを受講する英語集中特訓です。ボランティアや自然保護区探訪も英語で体験し、話すことへの自信が高まります。

  • アメリカ研修(選択)

    アメリカ研修(選択)

    カリフォルニア州都サクラメント周辺でのホームステイ、現地企業見学、カリフォルニア大学デービス校への訪問、現地高校との交流を行います。

  • オーストラリア研修(選択)

    オーストラリア研修(選択)

    自然豊かなタンガルーマ周辺でのホームステイ、現地校との交流などを中心に積極的に活動をしていきます。日本とは少し違う生活を経験することで積極的に挑戦をするきっかけにします。

  • シンガポール研修旅行(高校2年)

    シンガポール研修旅行(高校2年)

    急速に発展をし続けている多文化多民族国家への理解を深めます。英語を駆使しての現地校での交流やNEWater(再生水)見学、また現地の日本企業を訪問しグローバルに活躍する方から話を聞きます。

姉妹校との交流
  • 姉妹校留学(選択)

    姉妹校留学(選択)

    アメリカ・オーストラリアにある姉妹校への長期間の留学を中心に、様々なことに積極的に挑戦するマインドを育てます。日本と世界の違いを感じる最高のチャンスになります。

  • ホームステイ受け入れ

    ホームステイ受け入れ

    姉妹校から年に2回、日本に留学してくる生徒のホームステイを受け入れることが出来ます。交流を深めることで、英語に対しての興味・関心をさらに深めます。

 

point

NET

bg-icon
NET

桜丘ではどのコースでもNET(Native English Teacher)の授業が受けられるカリキュラムです。英語を日常的に使うことに慣れ、英語4技能検定試験や共通テストのリスニングにも自信を持って臨めます。

 

point

英語資格試験対策

bg-icon
英語資格試験対策

桜丘では、年に1回は、必ず英検(実用英語技能検定)を受検するように指導しています。 合格に向けて次のような取り組みをしています。
・季節講習で英検一次試験対策講座開講
・二次試験対策として個人面接練習
この他にも、普段の授業の中でも、英検受検に関する情報を伝えたり、類似問題を解かせたりするなど、積極的に合格に向けて取り組んでいます。

 

point

英会話講座

bg-icon
英会話講座

英語学習では4技能(読む、書く、聞く、話す)をバランスよく強化することで使える英語の修得が可能です。大学を出ても英語を「話せない」から中学・高校段階で「話せる」英語力を身につけることは必須事項です。本校ではクラスを二分割してNET(Native English Teacher)の先生方の英会話授業が全生徒に対して必修科目として設定され英語力向上に一役買っています。英語を話せるようになる一番の近道は、自分から進んで英語を話す時間を増やすことです。そこで本校では通常の授業に加えて、放課後の特別選択授業として設定したのがマンツーマンのトレーニングを行うオンライン英会話です。

 

point

SDGs

bg-icon
SDGs

生徒一人ひとりが自らの興味・関心に合わせて選択する2年生の研修旅行では、学年全体で事前・事後学習に取り組みます。事前学習では、グループワークを通じてSDGsについての学びを深めるとともに、現地で働く方々からお話を伺い、自らのキャリアについて考えます。事後学習では、グループで新聞記事を作成し、研修旅行における学びを振り返ります。

  • SDGs

    プレゼンに活かされるSDGs

    公民・地理・グローバルイシューズの授業では、常にSDGsを意識させ、授業内プレゼンテーションでは、SDGsについての発表を行います。

  • SDGs

    自分と世界の繋がりは?

    世界で起きている課題に対して、自分が関わり何が出来るのかを考えていきます。様々な角度から探究をしていく事で「世界規模」の課題が徐々に「自分規模」になります。

 

point

ユネスコスクール

bg-icon
ユネスコ

ユネスコの理念(環境を守り、平和に共存出来る世界)を実現する学校が、ユネスコスクールに認定されます。2019年11月現在、日本国内では1,120校が認定(桜丘は2017年3月に認定)されています。ユネスコスクールには4つの基本分野がありますが、そのうち、異文化理解と環境教育の分野において、桜丘の継続的な取り組みと方向性が評価されています。

  • 姉妹校との交流

    姉妹校との交流(国際理解教育)

    2020年は姉妹校との相互訪問を行うことは叶いませんでしたが、オンライン会議システムを利用し、20年以上に渡る相互交流を継続しました。

  • ボトルキャップ、書き損じはがきのリサイクル

    ボトルキャップ、書き損じはがきのリサイクル

    桜丘ではユネスコスクール委員が中心となり、ボトルキャップや書き損じはがきなどを定期的に回収し、ユネスコのリサイクル活動に積極的に協力しています。

06 ICT教育

日々の生活に刺激を
これから社会に出る時には、「新しいものを創り出す力」が必要とされます。自分の興味関心があることに対して、すぐに深めるデバイスが手元にあることで生徒の創造力を刺激し続けます。学校生活を支える自分だけのパートナーとして学習のみならず様々な場面で活躍をしてくれます。
  •  
  •  
  •  

ICT教育を
支える取り組み

 

授業

e-learning大賞 文部科学大臣賞 受賞
learning大賞 文部科学大臣賞 受賞

・2013年より全教職員がiPadを先行使用開始
・2014年度新入生より中学・高等学校ともにiPadを購入して入学
・2015年10月 e-learning大賞 文部科学大臣賞 受賞

  • 授業

    限られた授業時間をより良いものにするために、状況に合わせて使いこなすことで授業の質を向上させます。

  • 移動

    課題の作成、提出がタブレットで出来るので、通学時間も学習時間へと変えることが出来ます。

  • 遠隔指導

    ICT環境が整っていることで、休校になった場合にも学習を続けることが可能です。各教科ごとに課題を配信し生徒たちの進捗状況を教員が確認することが出来ます。ビデオ通話を使用し質問や面談を行うことも可能です。

 

自習

 

遠隔授業

 

部活動

  • 吹奏楽部

    メトロノーム機能を使って、一緒にリズム確認、チューニングもiPadを使えばすぐに確認できます。YouTubeから流れてくる曲と楽譜を見ながらグループでタイミングの確認練習をしています。

  • 合唱部

    歌っている様子を動画撮影し、互いにチェックします。

  • 華道部

    お花の特色を生かした生け方をするため、お稽古の花材をまずはインターネットで確認します。完成後は撮影してポートフォリオを作ります。

  • バトン部

    振り入れの際、動画撮影して部員に配信します。撮影した動画を見ながら、コーチが指導します。大会・発表会、全体練習を動画撮影し、YouTubeで限定公開しています。

  • ダンス部

    振り入れの際、動画を撮影して部員に配信。自宅での練習が可能です。大会や発表会の模様に加え全体練習を動画撮影し、YouTubeで限定公開しています。

  • 少林寺拳法部

    自分の演武を動画撮影し、弱点欠点を洗い出し、技術向上につなげるアプリを使ってお手本の型と自分の型を比較します。

  • サッカー部

    動画撮影して弱点欠点の洗い出しをします。試合中の動きの克明な記録も行っています。

  • 野球部

    電子機器を利用した練習について、野球部独自のホームページで詳しく紹介しています。

    野球部HPはコチラ